見附市,接骨院,整体,整骨院,腰痛,椎間板ヘルニア,いしづき接骨院

見附初!腰痛の痛みを解消するための接骨院『いしづき接骨院』

【営業時間】
月曜日~土曜日
午前|7時30分~12時30分
午後|14時30分~18時30分
【休業日】
日曜・祝日

痛みはメッセンジャー

身体の慢性的な痛みは、私達に何かを教えようとしているサインです。

 

腰が起きにくい人は、「過去にこだわりすぎると未来に進めないよ」というサインかもしれません。

 

腰が反ってしまう人は、「そんなに急ぐと転んでしまう。もっとペースを落として生きたほうがいい」というメッセージ。

 

腰が左に傾く人は、「まわりばかり優先して、自分のことがおろそかになっているよ」ということ。

 

腰が右に傾く人は、「目の前のことばかり追いかけていると、まわりが見えなくなるよ」ということかもしれません。

 

膝が痛い人は、「物事をいいとか悪いとか、簡単に決めつけないで」というメッセージかもしれません。

 

私は慢性的な痛みは、半分くらいは精神的なものだ考えています。

精神的に葛藤があって、いつまでもそれが解消しないと、身体の痛みとして表面に出てきて、ご本人に自覚を促す。この症状を治すには、そのメッセージをくみ取り、自覚することで痛みが少なくなっていく。

いっぽうで、身体のクセを見つけ出し、それを矯正していくことで、痛みを少なくする。

 

この両方アプローチがあって、痛みはそのメッセンジャーとしての役割を終えて消えていく。

 

こんなふうに考えて治療しています。