見附市,接骨院,整体,整骨院,腰痛,椎間板ヘルニア,いしづき接骨院

見附初!腰痛の痛みを解消するための接骨院『いしづき接骨院』

【営業時間】
月曜日~土曜日
午前|7時30分~12時30分
午後|14時30分~18時30分
【休業日】
日曜・祝日

「じゃあ、腰、マッサージしましょう」の危険性

筋肉の慢性的な痛みは、マッサージすれば治りますか?

揉みほぐしのお店に行ったり、接骨院で揉んだり押したりしてもらっても治らないから、慢性的に痛いわけですよね。

 

国家資格を持ったマッサージ師さんなら、患者さんの筋肉の状態を触診で確認し、それに合わせて施術するはずです。

しかし、民間資格の整体師さんの中には、相手の症状を理解しないうえで、マニュアル通りにマッサージを行い、よけい症状を悪化させてしまう場合もあります。

痛みがどこの筋肉に起きているのか?

どのくらいの炎症なのか?

使い過ぎによる痛みなのか?

慢性的な痛みなのか?

内臓からくるものなのか?

精神的ストレスによるものなのか?

こういったことを無視して、決まった手順通りやっていったら、当然、痛みがひどくなったという場合も出てくるわけです。

 

スポーツによる筋肉痛なら、マッサージはしないほうがいいし、ストレッチなどもやらないほうがいいでしょう。

慢性的な筋肉の痛みなら、マッサージはしたほうがいい場合もあるし、しないほうがいい場合もあります。

内臓疾患からくるものならば、当然、マッサージは禁忌ですね。

 

筋繊維が傷ついて痛みが出ているのか?

血中の発痛物質のせいで痛みが出ているのか?

靭帯の痛みなのか?

腱の痛みなのか?

そのほかの関節の軟部組織の痛みなのか?

 

これらも判断していかなければなりません。

 

慢性的に腰が痛いという患者さんに、「じゃあ、腰、マッサージしましょう」的なことの危険性をみなさんに知っていただきたいと思います。