腰痛改善でお探しなら腰部疾患臨床数と治療施術数が長岡市№1のKKカイロプラクティック整体本院へ

KKカイロプラクティック整体本院


肉体労働をする人の方が腰痛が腰痛が出る?


nikutairoudou.jpg

上図は職業別の腰痛発症率を調べたものです。この調査研究も前出の山口先生と山本先生の二人が1979年に整形外科MOOKに投稿したものです。私の腰痛は職業柄しょうがないと考えている方がほとんどです。

しかし上図をみてわかるように、実際には肉体労働は関係なく、むしろ無職の方が最も多く腰痛を発症しています。無職で仕事をしないでいるから、さぞかし腰が楽なはずなのに、これはいったい何が原因しているのでしょうか?

前出の4)で説明したストレスが原因となっています。リストラされたのでしょうか?これから子供が進学する、親を介護施設へ入所させる、自分は仕事がなくその分、家内が仕事に出ている等々、経済的ストレスやこの方を取り巻く環境ストレスは、たいへんな状況になっています。

このような状況に置かれ方の心理状態を想像してみてください。想像するに絶するものがあります。これでは腰痛が出て当たり前です。むしろ腰痛で済んでよかったくらいです。心身症になって引きこもりになったり、命に係わる病気にならなかっただけでも、運がよかったということになります。

最近、日本の整形外科でも腰痛はストレスからと言い始めています。ヨーロッパ諸国、アメリカなどの医療先進国では、10年以上前から腰痛を心理社会的腰痛モデルとして診療を行っています。複雑化した現代社会で生きている私たちは、単なる肉の塊、骨の集まりではありません。心身一元論です。心が健康な人は体も健康です。体が健康なのに心が病んでいる人はいません。心がつらい人は体も問題が出ています。

生物構造学的腰痛モデルという100年近く続いてきた腰痛への考え方、取りくみを心理社会的腰痛モデルへと変換していく時期に入っています。一概に肉体労働者の方が腰痛の発症が多いとは言えない時代に入っているということです。

肉体労働従事者つまりブルーワーカーの人たちの方が、つまらないことを考える暇もなく忙しくしっかり体を動かしています。汗水たらして仕事に精を出し、夕方は心地よい肉体的疲労と満足感を感じながら帰宅し、入浴と晩酌などで身も心も満足感にひたり、その日の労働に感謝の気持ちで就寝するといった一昔前の肉体労働者の方が腰痛が少なかったのは、当たり前のような気がします。

KKカイロプラクティック整体本院のご案内

住      所:
〒940-2003
新潟県長岡市渡場町1-15
アクセス:
JR長岡駅から車で15分
関越道長岡インター下車10分
お問い合わせ・ご予約
0258-27-5642
営業時間:
平日
07:30~11:00
14:30~18:30
木曜日・土曜日 
07:30~11:00
休業日:
日曜・祝日・土曜日午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ